幼児が野菜を食べない※栄養不足の不安から開放されたある方法

幼児が野菜を食べないことで悩んでいるあなたへ

好き嫌いなくバランスの良い食事を摂ってほしいのに、子供がどうしても野菜を食べてくれない。
幼児が喜ぶレシピを研究してどんなに工夫して作っても食べてくれないと本当に困りますよね。

野菜不足はビタミンやミネラルの摂取量の減少につながります。

特に幼児のうちに野菜を食べないと成長に必要な栄養素が不足し、
身長の伸び悩みや病気にかかりやすくなったりしてしまいます。

成長期に必要な栄養素をきちんと摂ることが子供の成長と健康には必須です。

かといって無理に食べさせようとしたら嫌がって余計に食べなくなる可能性も・・・

実は子供が野菜を食べないのにはあることが深く関係しています。
まずはその原因から見ていきましょう。

 

6割の子供が野菜嫌い

ある調査によると、子供の約6割に野菜嫌いがあるという結果が出ています。
幼児が野菜を嫌いでまったく食べなかったとしても、異常なことではないのです。

ではなぜ幼児は野菜を食べないのでしょうか?
一番の原因は、広く知られている通り野菜独特の味や匂いが苦手だから。
しかし、ただ単純に好き嫌いの問題ではなく、そこにも理由があるのです。

例えば、苦みのある食べ物を好んで食べる動物は少ないですよね。
これは、苦み=毒性があるものが多いということを本能で分かっているので、毒物の摂取を避けているためです。
酸味についても、酸味=腐敗していると判断し、避けられる傾向にあります。

人間の子供も同様で、本能の部分で「苦みや酸味のある食べ物=危険なもの」と判断し、食べるのを避けるのです。
独特の苦みや酸味がある野菜を子供が食べないのは、本能的に仕方ないといえます。

味覚が敏感な子供のうちは野菜特有の苦みや酸味が苦手ですが、
成長とともに味覚が確立されることで徐々に野菜が食べられるようになることが多いのであまり心配する必要はありません。

今子供には野菜を食べてほしいと思っているあなたも、もしかしたら野菜が苦手な子供だったかもしれませんね。

無理やり野菜を食べさせたり、食べないことでヒステリックに怒ったり、野菜を食べるまで食事を終わらせなかったりすると、
その嫌な記憶がトラウマになって大人になっても野菜嫌いが治らないこともあるので注意が必要です。


とはいえ、食べないからといって野菜を食べさせることを完全に諦めると、
そもそも野菜に興味がなくなったり、食べる機会そのものもなくなってしまうので良くありません。

また、最初にお話しした通り幼児期に野菜の栄養素を摂取するのも大事なので、
まずは好物のおかずの端に付け合わせの野菜を少しだけ足してみて、食べたら褒めるところからはじめてみましょう。
 

子供の味覚障害が増えている

味覚が発達することでいずれ野菜も食べられるようになるケースが多いとお話しましたが、
最近では味覚を正常に認識できない子供が増えています。

子供の味覚障害の割合はなんと3割ともいわれているのです。

味覚が正常に発達しないと、野菜をそもそも美味しいと感じることができなくなります。
他の食べ物に対しても偏食が進み、食事の栄養バランスがますます崩れることに。

味覚障害になると野菜嫌いが治らないだけでなく、
薄味では味を感じにくくなるため、味付が濃い食事を好むようになって塩分や糖分を摂りすぎてしまいます。
結果的に生活習慣病のリスクが高まってしまうのです。

つまり、味覚障害を予防することで、幼児の野菜嫌いの改善と健康促進につながるといえます。

 

味覚障害の原因とは?

味覚障害の大きな原因としては、亜鉛不足が挙げられます。

味を感じ取るのは舌の表面の「味蕾(みらい)」。
この味蕾はおよそ30日間で新しく生まれ変わりますが、そのためには亜鉛が必要です。
亜鉛が不足することによって細胞が生まれ変われなくなり、味覚障害を引き起こしてしまうのです。

幼児が亜鉛不足になる原因の一つが、加工食品と言われています。

インスタント食品やスナック菓子といった加工された食品には亜鉛が含まれていないばかりか、
亜鉛の吸収を阻害する添加物も含まれています。

加工食品ばかり好んで食べる子供は亜鉛が不足している可能性大です。

スナック菓子はあまり与えないようにし、料理は加工食品に頼りすぎないようにしましょう。

 

幼児でも亜鉛を無理なく摂取できる方法

亜鉛を多く含む食品としては、牡蠣やレバーが挙げられます。
しかし、幼児の味覚ではどちらも食べるのが難しいでしょう。

牛肉・卵・チーズなどは幼児でも食べやすく、比較的多く亜鉛を含んでいます。

ただし、亜鉛を摂らせたいからといってたくさん与えてしまうと、
他の栄養バランスが崩れる可能性もあるので注意が必要です。

 

栄養バランスを崩さずに亜鉛を摂取したいのであれば、亜鉛が高配合された 【アスミール】という子供向けの栄養飲料があります。
大人用に作られているサプリメントとは違い、子供が飲む前提で作られている「子供向け飲料」なので幼児でも安心です。

栄養飲料だけあり、亜鉛以外の成長に必要な栄養素もバランスよく配合されています。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAは、1杯で1日に必要な量の70%を摂ることができます。

味覚が確立して野菜を美味しく食べられるようになるには時間がかかるため、その間の栄養補給にも最適です。

亜鉛で味覚障害を予防しながら野菜嫌いの幼児に不足しがちな栄養素も無理なく補給していくことで、 味覚の確立と栄養不足の不安に悩まされることがなくなります。

アスミールなら、定期購入の場合1杯当たり68.3円(初月)で始めることができます。
野菜を食べることができないと、どうしてもビタミンやミネラルが不足しがちになり、免疫力が落ちて病気にかかりやすくなってしまいます。

薬代や病院代などの大きな出費に悩まされるかもしれないことを考えれば、子供の健康な体作りのために試してみるのも良いかもしれません。

 

 

⇒亜鉛高配合・子供の栄養バランスを考えたドリンクはこちら